化粧品 役割

化粧品の役割@目から鱗の使い方

化粧崩れを防ぐ

乾燥肌の人なら、少しでも乾燥を抑える為に、普通肌やオイリー肌の人ならば、油がういてきて化粧崩れを防ぐ為に、誰でもがとても簡単に出来るちょっとした方法があります。
乾燥肌の人
化粧水→乳液で、化粧下地へ行く前に、もう一度化粧水を塗るのです。
乳液が再度化粧水に寄ってしっとりと肌の中へしっかりと入り込んで、この潤い水分を肌に閉じ込めてくれるような感覚を味わう事が出来ます。
オイリー系の人
化粧下地へ行く前に、あぶらとり紙で余分な油分を取ってから、化粧下地へ移って下さい。
これで化粧下地を塗って、ファンデーションを塗り終えて下さい。

化粧崩れを防ぐ

その後、簡単なもう一手間をかけます。それは、化粧水を手のひらに少し広げてから、ファンデを塗った顔に軽く化粧水を抑えてつけるのです。

これで、オイリー肌の人は油うきをかなり防いでくれますし、乾燥肌の人はまたしっかりと水分がお肌の中に送り込まれてしっとりするという訳です。

乳液の後の一手間と、ファンでの後の一手間、この手間だけで化粧崩れが全然違ってきます。何か新しく買うものがある訳でもありませんので、是非一度試してみて下さい。

化粧水の効果的な付け方

洗顔後のスキンケアは化粧水からという人が多いと思います。

まずは洗顔後、清潔なタオルでしっかり水分を拭き取って化粧水で潤わせて・・・というところだと思います。しかし、実はそのやり方では、化粧水の成分が肌に浸透していないのをご存じでしたか?

「なんだか、化粧水つけるとべたつく」という自覚症状がある方はまさにそれです。

化粧水の付け方

肌にはバリア機能があって、そのまま化粧水をつけると有効成分が肌の内部に浸透せす、肌の表面でブロックされるのです。

だから、そのあとにいくら美容液や乳液、クリーム、パックを重ねてもバリアされて表面にとどまったままで肌に浸透せずに効果は半減してしまうのです。

最近は、化粧水の前の導入化粧水というものもありますが、もっと簡単でコストがかからない方法があります。

それは水です!水の浸透圧を利用するのです。

コットンで化粧水をつける方は、水で軽く湿らせてから化粧水を付けてください。
手で化粧水をつける方は、洗顔後タオルでふき取らずに手で軽く水をはじく程度にしてください。水と交わることにより、化粧水が表面でブロックされずに、内部まで浸透していくのです。

これをするかしないかでは、潤いはもとろんあるもののベタつきがなくなると思います。

メイク用品・スキンケア用品のケア

メイク用品、スキンケア用品、あなたはきちんと保存できてますか?

化粧品はもともとは化学薬品なので期限の切れたものや、古くなって劣化したものがお肌にとっては毒にしかならないと考えても大げさではないでしょう。

化粧用品

パッケージに期限の表示のある化粧品もありますが、それは未開封で保存状態が良い場合の目安でしかありません。一度開封してしまったら、空気中の酸素による酸化は避けられません。

そのため、直射日光の当たらない涼しい通気性のいいところで保存して、できるだけ早めに使いきりましょう。

使用中の化粧品の保存は、湿気や太陽の光や熱に弱く、それによって化学変化が起こりやすくなります。

夏の暑い時期には、室内が暑くなると予想できるような時は、冷蔵庫に保存することをおすすめします。
化粧品のために小さな冷蔵庫を用意してもよいでしょう。

また、ブラシ、アイシャドウのチップ、パフなどはお肌や化粧品に直接触れ、お肌の水分や化粧品からの油分が付きやすく、雑菌が発生しやすい環境でもあります。そのため、定期的に洗う必要があり、こまめに新しいものに買い換えるとよいでしょう。

化粧水と乳液の役割

化粧水と乳液は、多くの化粧品メーカーがセットで販売しています。

乳液

大半の方は、洗顔後に化粧水、そして乳液を塗るというお手入れをしているが多いと思います。しかし、人によっては、化粧水だけという人もいるかもしれません。

果たして乳液は、必要のないものなのでしょうか?

化粧水と乳液の具体的な役割を考えてみると、化粧水は水分補給、乳液は保湿という答えが多く出てきそうです。

本当にそれだけの役割なのでしょうか?

化粧水の一番の役割は、もちろん水分補給です。そのほかに、肌を柔らかい状態にすることで、次にお肌に塗る化粧品が肌に浸透しやすくする役割もあるのです。

乳液は、保湿の役割の他に、お肌に油分の補給をします。そして、角層の細胞間脂質を奥までしっかりと浸透させる役割があるのです。どちらもお肌には欠かせない役割を補っているのです。洗顔後は、お肌に必要なセラミドなども一緒に洗い流してしまいます。

何もお手入れをしないと、お肌からは水分がどんどん蒸発していってしまうのです。

そうすると、毛穴の開きやお肌の乾燥につながってしまうので、洗顔後のお手入れは必ずこの二つのステップを実行するようにしましょう。

メディプラス


ホーム RSS購読 サイトマップ